Q1: 里親はパレスチナの子どもを日本に引き取って育てるのですか? 

いいえ、日本の家庭でパレスチナの子どもを育てるわけではありません。

里親は、

   ・毎月決まった金額を支援金として送ります。

   ・手紙などのやりとりで、経済的、精神的に子どもとその家族を支えます。

支援金をとりまとめてレバノンに送金するのが、里親運動事務局です。

里親を必要としている子どもをみつけたり、里子や里子家庭の世話をしたり、日本への報告をしたりする仕事は、レバノンのパレスチナ人が作っている児童福祉団体、「ベイト・アトファル・アルソムード」が窓口となって行っています。  

 

Q2: 里親になるには条件や資格がいりますか?  

特に資格は必要ありません。ただし里親運動は、子どもたちが自立できるようになるまで(原則として16歳になるまで)、息の長い着実な支援を続けることが大切と考えています。長期にわたり、子どもの成長を支えてくださるお気持ちのある方、ということが唯一の条件です。

 

Q3: 里親になるにはどうすればよいのですか?  

まずは、事務局にご連絡ください。資料と入会申込書をお送りいたします。里親になられる場合は、ご入会の際に申込金10,000円をご入金いただき、里子の紹介をお待ちいただくことになります。  

 

Q4: 里親を続けることが出来なくなった場合はどうすれば良いでしょうか?  

何らかのご事情で里親をお辞めになる場合は、お早めにご連絡ください。 ご連絡をいただいた月までの分の支援金はお送りください(例えば3月のご連絡ならば3月までを支援期間といたします)。

    

Q5: 里子との交流方法にはどのようなものがありますか?  

手紙の交換があります。英語でお書きくだされば、現地のスタッフがアラビア語に翻訳して子どもに届けます。また、日本の里親運動事務局では、英→日・日→英翻訳のサービスもおこなっております。

母の日や父の日、クリスマスには里子からカードが届きます。 また、年に一度、里子に関する報告書が届きます。

また、現地パートナー団体「ベイト・アトファル・アッソムード」は、里親の訪問を歓迎していますので、個人旅行で里子に会いに行くことができます。詳しくは事務局までお訊ねください。    

 

Q6: 里親会員以外にも支援方法はありますか?  

賛助会員とサポーター会員というご支援のかたちがあります。詳しくは当ウェブサイト内の「入会案内」をご覧ください。  

 

Q7: 会計報告はどのようにされていますか?  

会報「マルハバ」で毎月の収支をご報告しております。また、当ウェブサイト内でも、年次報告を掲載いたします(準備中)。  

 

Q8: 会費や里子支援金で所得税や住民税の控除ができますか?  

当団体は2015年3月30日に「認定NPO法人」になりました。これにより、所得税からの控除が可能になりました。住民税については地域により異なりますので、お住まいの地域の税務署にお問い合わせください。